【W杯アジア最終予選vsオーストラリア代表 in BRISBANE】

超久々の海外アウェー戦!!

それが代表戦、W杯予選というガチンコとなれば、
2005年のイラン戦(@テヘラン)以来か?!

今回久々に参戦して強く感じたのは、
やっぱ、サッカーは海外アウェー戦に行ってなんぼのもんだな!と。
アウェーの重圧を全身に浴びて
少人数ながらも選手と一緒に闘うというこのシチュエーション…

やっぱ!これでんがなっ!!!

(同時にこれはクラブにおけるACLアウェーにも言えること)



画像


画像



国内での代表戦はW杯最終予選であっても、
もはや緊張感の欠片も無いお祭りムードの祭典ゲームと化した今、
本当の意味での痺れる試合というのは、逆境に立たされた中での敵地での試合、
アウェーでしか味わうことが出来なくなったのは本当に寂しい限り…。
(少なくとも日韓大会以前ではホーム試合であっても
アウェーと同じ緊張感に包まれたスタジアムがあったはず)

と、そんな想いもあって、埼スタでのお祭り的な2試合の後ではあったが、
喜び勇んで?いつも通りの一人弾丸でブリスベーンへと乗り込んだのだった^^


画像



試合の方は1-1のドロー。
試合詳細についてはもういいでしょう。
敵地で最大のライバルにピッチコンディションが悪い中、
主審も敵にまわしてのこの結果なら上出来!
現地では終わった直後こそ謎の試合終了ホイッスルに呆然とし、
追いつかれての引き分けに落胆する気持ちも隠せはしなかったが、
それでも大アウェーの中で勝ち点1を持ち帰ることが出来たことには誰も不満はなく
すぐに選手を称える拍手に包まれたのは言うまでもなかった。

個人的には、勝ち点1を上げたことよりも、
オーストラリアにホームで勝ち点3を与えなかったことが物凄く大きいかなと。

最終予選の鉄則は勝ち点を積み上げるよりも

『相手に勝ち点3を与えないこと!』

やっぱこれに尽きますから。。。



画像



さて、久しぶりの海外アウェー試合、
やっぱ、歓声の質が日本とはまるで違う!
ってのが痛切に感じた。これが一番大きい。
オーストラリア代表サポーター、太鼓も叩かないしコールリーダーらしき人物もいない。
故にチャントも歌わない。
TV中継から聞こえてくる現地音声も日本サポーターのチャントばかりだったはず。
でも、相手のチャンスの時に瞬時に上がる一際高い歓声は物凄い!
ゴール裏からだけの一方ではなく、スタジアム全体が唸るような大歓声に包まれる!
それに輪をかけて、日本に対する大ブーイング
これは中継でも解かったかと思うけど、実際のスタジアムでの迫力はあんなもんではなかった。
欧州民族特有?ともいうべき腹から搾り出すような?
重低音を伴った広範囲に響き渡る全体の声量はハンパない!

轟音に包まれる中、なんか、アジア予選を闘っているとは思えない?
まるでヨーロッパで試合しているかのような?そんな錯覚に陥ったほどだった。

やっぱり、この国がアジア予選の枠に入るというのはちょっと違うんじゃないか?と思いつつ、
でもこれが本当のアウェーの厳しさでもあるんだな…と、感じたりなんかもして…。
(もちろん、イランや中国、韓国のアウェー、あれもまた違った意味で過酷ではあるが)


画像


画像



あと、それとこの国から欧州の匂いを感じたのは、試合前の国歌斉唱の時。
スタジアムの観客全員があの声で国歌を張り上げると、とんでもないド迫力だ!(笑)
日本人が丹念に心を込めて歌う「君が代」とはまったく質が異なるもの。

思わず敵側国歌なのに聞き惚れてしまって感動してしまったよw

ちなみに、自分が今まで一番感動的だった国歌斉唱シーンは、
2004年EUROポルトガル大会の準々決勝『ポルトガルvsイングランド』のポルトガル国歌
リスボン8万人のポルトガルサポーターによる国歌大斉唱は、
まるでテノール歌手8万人によるオペラ歌劇のような?大合唱で、
その声でスタジアム全体がビリビリと震えたこと。
あの光景は未だに忘れられないな…。



画像


画像



と、言うことで、試合の雑感はここまでにして、
ここからは遠征そのものを振り返っていきます^^

と言っても、1泊3日の弾丸強行日程だったから大したネタもなかったけど…

いや、あったかwww



6月11日(月)

夕方になんとか会社を抜け出し、その足でダッシュで成田へ。
当初から危惧していた通り、着替える時間もなくチェックイン時刻ギリギリに滑り込み。
出国手続きを経てスーツ姿のままに一路オーストラリア・ケアンズへ。

今回のフライト便は、初利用の「JetStar」(成田発20:30)

実は当初は溜まったマイルを使ってカンタス航空で飛ぼうと考えていたのだが、
ケアンズまではマイル利用の特典航空券で、ケアンズからブリスベンまでをJetStarで手配をすると、
全て込みで10万となっ?!ぎゃっ!原油高!!!
サーチャージだけで6万円って…ありえねぇ…( ̄∇ ̄|||)

だったら、マイルは使わず成田からそのまま格安のJetStarで飛んだ方がいいじゃん!?
ってことになって結局オールJetStarで飛ぶことにしたのだった。(これでトータル12万円)
2万しか違わないし、マイル使うのもったいないしね。。。

で、初搭乗のJetStar、自分的には非常に快適だった^^

手荷物一切ないから追加料金は掛からないし、
各種サービスや食事(別料金)も何も頼まなかったから
機内でキャビンアテンダントに声を掛けられることがまったくなかった。

フライト前に空港で500缶一気飲みしてから搭乗したのだけど、
離陸してすぐに爆睡体制に入ると、結局一度も起こされることはなかった。(隣席は空いていたし)
なので、次に起きた時にはもうケアンズに着いていたwww

楽ちん~~~~♪


翌12日午前6時。夜明けのケアンズ(↓)

画像


画像



ここで国内線ターミナルに移動してブリスベーンへ。
約2時間のフライトを経て、12日火曜日AM11時に無事目的地に到着。

やっぱ、海外遠征は夜便に限るわな。(あくまでもどこでも寝れるおいらの場合だけど)


画像



さて、空港からブリスベン市内まではトレイン利用。これが一番解かりやすい。
空港と直結しているし、市内中心部まで乗り換え無しで運んでくれるのでラクチンだ。
(ちなみにスタジアムもこのトレイン沿線で下車)


画像


画像



とりあえず片道切符を買って、市内中心部の「CITY」へと向かう。

しかし、この列車、イマイチ速度が遅い(苦笑)


画像


画像



「CITY」に着いたのはちょうどお昼前。

試合は現地時間20時からなので、まだまだ時間には余裕があった。

まずは軽く市内散策をしてみようということで、目的もなくプラプラと…(^_^;)

ビジネス街の中心でありランチタイムでもあったので、人の流れはけっこうあった。
(丸の内みたいにサラリーマンやOLさんでどこも賑やかだった)

オフィスビルの狭間に古ぼけた教会がポツンと建ってるあたりはやはり欧州風景だなw
(街行く人もみんな白人さんだし。当たり前かw)


画像



ランチタイム時ということで、
街中のレストランはどこも賑わっていたのだけど、

そんな中、目に飛び込んできた光景は・・・




画像



テイクアウトの『SUSHI』にビジネスマンが大行列!

こっそり覗くと、太巻き?みたいな寿司っぽいのが何種類かあって、
それが飛ぶように売れていた。

こっちじゃジャパニーズSUSHIが大人気なんだな…(笑)


その一方、


こんな看板の店が出てたりすると、


なんだか泣きたくなってくる・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。



画像




さらに歩いていると、不思議な?テイクアウトの店を発見!


「じゃぱにーず ふぁーすとふーど」??



画像



画像




これはなんじゃらほい?と、よ~~く見てみると、

いわゆる丼物のテイクアウトの店だということはすぐに解かったのだが、



画像




えっと、左が「からあげ丼」で、右が「てんぷらそば」?


うむ。これはまだよい。なんとなく許せる。許してやってもよいw


だが、、、



画像




卵の上にカツが乗ってるカツ丼www



さらに、



画像




「カツカレー」キターーーーーーwww



ちょwww なんかキモイの浮かんでるwww



ヘタレでごめん、

これに手を出す勇気はオレには無かったよ…orz



と、こんな不思議巡りばかりしていたら、
いい加減自分の腹も減ってきたので、ここらで食事にしようかと。


っと、最初から決めていたもの。

やっぱりね!のオージービーフ!!(・∀・)


歩き回っていると、ちょうど市内を流れるブリスベン川の畔に出てきたので、
この辺りで適当な店を探してみた。
(川向こうに掛かるのが有名なブリッジか?)


画像


画像



っと、この川べりに1軒のレストランがあったので、ここに迷わずin。

入ってテーブルに通され、まずはファーストオーダー
ビールをグイッっと一杯!


日本人が一人もいない海外でまっ昼間に飲むビールは格別に美味い!!


画像



で、ステーキメニューを見てもなんとなくしか判らなかったので、
指差しでこれとこれって感じで適当に注文すると、

しばらくして出てきたのがこれ(↓)


画像



ボール大の丸々の肉の塊(笑)


見た目、なんだか固そう…と、思ったのだが、
ナイフを通すとこれがサクッと切れる!固い筋もない。

そして、赤ワインソースに付けて口に運ぶと、
これが何ともいえない口溶け感が全体に大きく広がった!
このソースが実に絶妙!!!

う~~ん…牛は和牛が一番だと思い込んでいたが、
本場のオージービーフもなかなか…

やばっ侮ってたわ(苦笑)



これだけでけっこうお腹は一杯になったが、
同時に財布の中身も一気に吹っ飛んでいった(汗)
(いや、実際の支払いはクレカだけど)

ま、しゃーない。これは払う価値はあるもんだわ…(^_^;)

と、自分にそう言い聞かせて気持ちよく店を後にした。


ゆったりとした食事を終え、時刻はまだ15時すぎ。
もう少し散策してみるかということで、また適当に歩き出すと、
大きな公園に出くわした。

オフィス街のすぐ近くの公園、日比谷公園みたいな?公園は実にのどかな風景だった。


画像


画像



ブリスベンの気候は日中は思ってたほど寒くなく、日本の4月上旬くらいの気候。
陽射しを浴びるとポカポカと気持ちいいくらいで、上着を着ているとちょうどいいくらいだった。
(逆に陽が沈むと一気に冷え込む)

満腹感も相まって、芝生の上にゴロンして少し佇んでいると…


そのまま寝てしまったwww


気が付いて時計を見たら50分も寝てた(笑)

よかった、大した荷物持ってなくてw


もったいない時間の使い方をしてしまったので、急いで公園を出ると、
方向を間違えたのか?なにやら建物が並ぶへんな場所に紛れ込んでしまった。( ̄Д ̄;;

どこからどうやって入ったのか?憶えてないのだが、
そこは確かに大学だった(笑)


画像



せっかくだから…と、勝手に校舎の中に侵入。

入口そばのラウンジにブリスベンの若い子(学生さん)がいっぱいいた(当たり前だw)


さすがに教室の中までは入れなかったが、入口ドアの窓から中を覗くと、
教壇に立つ先生と円形段状のテーブルに腰掛けてペンを走らす学生たち、
日本の大学とあまり変わらない光景であったな。
(こんなとこまで来て何やってんだオレwww)



画像



大学構内を抜け出し、ようやく街中へと戻ってきた。

どうやらこの辺りが本当の中心街のようだ。


こういった風景は本当に欧州そのもの。

なんか、ヨーロッパに来た錯覚をしたほど(笑)


画像



そして、ヨーロッパと同じく、ブリスベンも街のいたるところにBarやPUBがある。
もちろん昼間から営業していて、店内でスポーツ中継を流している。

きっと毎夜毎晩、ここで盛り上がっているのだろうな…。
(ちなみにこの時はラグビーの録画中継を流していた)


喉が渇いたので、気軽にinして、またビール注文♪


画像



時刻は夕刻にさしかかろうとしていた。

「そろそろホテルにチェックインしてスタジアムに向かう準備をするか…」

飲みながらそう思ったところで、、、、


「・・・・ん?」

「そういえば、ホテルってどこだっけ?」


「ってか、ホテルのバウチャーどうした?!」

「あ!会社のデスクの引き出しの中に仕舞ったままじゃん!!!」


はい。一瞬にしてパニックに陥りましたwww


ホテルの場所どころかホテル名すら判らない。
それ以前にどこのサイトから予約したのかも憶えていない・・・( ̄∇ ̄|||)


「あ~ぁ、終わったな…」

「また野宿か…」 ←過去海外で幾度となく経験あり


諦めの試合終了の笛が脳内にこだました…orz


が!しかし!!冷静になってもう一度考えてみた。

予約したサイトさえ判れば何とかなるんじゃ?!
ログインしたら履歴出てくるよね?


そう、ここで大活躍したのがスマホ!

あぁ、スマホにして良かった~~~~!初めてその良さを身をもって体験した(笑)


自分が海外ホテルの予約に使っているサイトは3つ。
可能性の高そうなところからあたってログインしてみたら、一発目でHITした!!
(IDとパスワードは使い分けてる何種類かを数回試したけど)

ホテル名と住所ゲット!!これでなんとかなる!(・∀・)

地獄から天国とはこのことだな(苦笑)


しかし、今までの海外遠征では考えられなかったことだよな。
ホント、便利な世の中になったもんだ。

今までもノートPC持って行けば海外でも通信可能ではあったけど、
ここまで手軽にどこでもいつでも使えるとなると、いろんな楽しみ方が出来るってもんだ。
(もしもドイツ大会の時やACLの時にスマホがあったらもっと楽しかったのになw)

ちなみに、おいらはドコモ使用だけど、
ドコモの「海外利用アプリ」をDLしておけば、
空港降りて電源入れたら勝手に起動して海外パケホ適用の事業者を探してくれて
ワンタッチで現地対応の設定をしてくれるから
これならアホでも使えるw (海外パケホは1日単位の定額課金)


ということで、ホテルにチェックイン。
ちなみにブリスベンの通り名はほとんどが人名で判りやすく、
ホテルの住所にも通り名が入っていたのでそれほど苦労せずに探し当てることが出来た。
(マーガレット通りとかジョージ通りとかマリー通りとか)


危機一髪だったが、なんとかブリスベンでの公園野宿は免れたのでした…(^_^;)



ホテルの部屋(↓)


画像



広っっ!!


一晩寝るだけなのに…( ̄Д ̄;;



で、この後、スタジアムへ。(冒頭に戻る)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そして試合終了後、
本当は昼間に遠くから見たストリートブリッジの上から夜景でも観に行こうかな?
って思っていたけど、
疲労困憊&試合前にスタジアムでビール飲みすぎであえなく挫折…orz

試合後は真っ直ぐホテルに戻ってシャワー浴びて速攻で就寝zzz


翌早朝にチェックアウトして、同じルートで波乱もなく?無事帰国しました。(^_^;)(PM8:30着)


でも、帰りの飛行機の中でも半分以上寝てたので、
戻ってきてからの時差ボケが…( ̄Д ̄;;



画像


画像



しかし、せめてもう1日でもいいから日程にゆとりがあれば、

もっと楽しめたのになぁ…(苦)



画像






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

笑うクマ犬
2012年06月23日 09:01
久々の海外アウエイルポ、堪能しました。
やっぱり、海外アウエイ旅は格別の楽しみですね。
来年はACL、必ず参戦しましょうね。僕はクマだけど。

この記事へのトラックバック