【ACL準々決勝vs全北現代】in全州(韓国)

試合前日:25日(火)夜:ソウル入り。

夕方、いつもより少し早めに会社を後にし、
通勤途中にコインロッカーに詰め込んでおいた荷物を取り出して
そのまま成田に向かう。

空港に着いて、更衣室で着替え・着ていたスーツを一時荷物預かりへ。
そして韓国ウォンへの両替をしてチェックイン。

ここまでトラブルもなく、予定通りに韓国へフライトする。
(2時間半の機内はひたすら爆睡)


22時前に仁川(インチョン)空港に着いたのだが、
飛行機の座席がエコノミーの最前列だったので、
いち早く飛行機から降りることが出来、
当然ながら入国審査も一番に窓口通過。

飛行機降りてから空港の外に出るのに3分も掛からなかった。
(当然バゲージ荷物もない)


画像



で、ちょうど明洞(ミョンドン)のロッテホテル行きのリムジンバスが
空港前の乗り場から出発する直前だったので、急いでそれに飛び乗り、
ラッキー♪なスタートが切れたと思ったのだが…


"明洞のロッテホテル"行きだと思って乗ったバスは実は・・・
"ロッテワールドホテル(ソウル郊外のロッテワールド遊園地傍のホテル)"行きの?
バスだった…orz ←ちゃんと確認しろって!?


あぅっ のっけから躓いてしまった…。・゚・(ノ∀`)・゚・。 
(自業自得の単なるアホですな)


で、仕方なく?ロッテワールドから再びバスに乗り、
30分ほどかけてようやく目的地の明洞へ。
既に午前0時を回ろうとしていたところで、
明洞の安ホテルにチェックインして、この日はすぐに就寝zzz

1日目を何とか?無事に終える。



2日目:26日(水)試合当日

早めの起床(AM7:00)
ホテルでブレックファーストを取り、仕度してすぐにチェックアウト。

ソウルからツアーバスにて全州へ。


お盆渋滞は上り方面ということで、
全州(下り)方面の高速道路は特に目立った渋滞もなく、

高速レーンをスイスイとバスが走る。

途中のSAで休憩1回入れてもソウルから2時間40分ほどで全州に到着してしまった。
(予想外に早い!?)


画像



高速インターを降りてすぐにスタジアムがお目見え。(↓)

パッと見、トヨスタのような?外観が思い浮かんだ。。。



画像



PM1:30


スタジアムに向かう前に全州ビビンバの有名な?お店で昼食を取る。

当然、全州ビビンバ!(10,000ウォン)を頂いたのだが・・・



だが・・・

今だから言う。


正直、あまり美味いと思わなかった……(^_^;)

事前の説明では、「熱いから気をつけて」なんて注意されたのに
出てきたビビンバはなぜかご飯が冷めてるし、
これなら日本の韓国料理屋や焼肉屋で食べる石焼ビビンバの方が
よっぽど美味いと思うのだが…。(たまたまなのかもしれないが…)


画像



PM2:30

スタジアム到着。

既にけっこうな人数が集まっていた。(すぐに顔見知りサポさんたちと合流。)

画像



その後、ツアーバスが波打つようにやってきて、
スタジアム周辺は瞬く間に赤サポだらけに…?!
(ツアーバスだけで総台数60台?!)


この時点で、浦和の運営担当者と話しをしたのだが、
事前通達通り、竿類の持ち込みは一切ダメだと言う。
(全北サイドと再度交渉を試みたものの、警察からの許可が下りなかったとのこと。)

なので、旗竿持参の人はバスの中に竿を置いて入場することに。


画像



PM3:50

開門時間10分前。

ゲート前から連なる入場列は既に最後方が確認出来ないくらいまで伸びていた。
(いつものアウェー光景ですな)

しかし、開門時間になってもゲート前の格子シャッターは閉まったまま。
チケットもぎりの担当者も全北関係者も誰もいない。
無人のゲートに列整理の韓国版のシミスポもいない中、
自主的に?列整理をして開門を待ちわびる浦和レッズサポーター。

並びの文化が無い韓国の人たちから見れば、
開門前に数千人が列をなして並ぶ光景は、
きっと異様に映っただろうな。。。(苦笑)


PM4:00を回ったところで、やっと係員がやって来る。

シャッターが上がり、「赤き血のイレブン」?を唄いながらの入場が始まる。

がっ!?クルヴァが入った後になぜかまたシャッターが閉まる。
チケットをもぎるのを忘れていたのか?もぎり箱が届くまで再び待機。
(ありえねぇww)


で、再入場が開始。

ところが…


やはり並びの文化がない国、入場ゲートは1列だけを開放。(もぎり役も一人)
必然的に一人づつの入場。

荷物チェックは一切なかったのに(チケットをもぎるだけ)、
全員が入場するのに相当な時間が掛かったのは言うまでも無い。


アウェーの洗礼っていうより、
これは文化の違いなのだから仕方ないわな…(苦)


さて、竿類の持ち込みの件だが、
事前通達通り、持ち込みは禁止と言われたのだが、
それでも何人かが没収覚悟で旗竿を持って入ろうとしたが・・・

やはりゲートで全て取られてしまった。

だが、

「大旗のアルミ竿はダメなのは解ったが、塩ビの棒くらいはいいだろ?」

の一言に、なぜかこれはその場でOKが出た。


「だったら事前に言っとけっ!」と、
ゲーフラの布だけを持って来てたサポは怒ってたが、

そりゃその通りだ。。。
(ってか、あれだけ竿類は一切ダメ!って言ってたのにね)


で、テレビを見てた方は大旗も10本くらい堂々と振っていたのが判ったかと思うけど、
実はあれは正式に?認められて持ち込んだわけではない。
ゲート手前の縦格子の柵超しに手渡しで許可無く内緒で中に持ち込んだものだった。

なので、選手入場までは大旗は1本も上げず、こっそり見えないように組立て、
選手入場時まで足元に横に倒して隠していたのだった。
(アルミ棒を隠すため、ダンボールや袋類を竿に巻いて偽装?までして…w)

始まったらこっちのもんだし、最悪止められたら下ろす覚悟だったみたいだけど、
でも警察官もスタンド後方に待機していたにもかかわらず、
この件は何のお咎めもなし…

花火の件もそうだけど、結局のところザルみたいな運営だったw


大体、スタジアムの中で缶ビールが堂々と売られていたが、
むしろ凶器としてはこっちの方がよっぽど危ないぞっ!
と、突っ込み入れたくなったぞw


あっ、そのビールだが、、、
こっち(韓国)のビールって、かなり薄い。(アルコール度数も低い)
バドワイザーよりさらに薄かったような。。。(値段は安いけど)

なので、グビグビとすぐに缶が空いてしまうわけで…(^_^;)

で、すぐにトイレに駆け込むとw


そのトイレ、割りと綺麗なトイレであったが、
知り合いのサポさんがトイレから戻って来て言った一言。


「トイレ、そろそろヤバイ状態になってきたぞ!?水が流れなくなってきてる!!」
「絶対、みんな知らないんだよ。紙を流しちゃいけないってことを」



えっ!?


そーなの??


「ケツ拭いたティッシュは横のゴミ箱に捨てるんだよ。」
「便器に紙流しちゃすぐ詰まるんだよ」



韓国のスタジアムの人へ

すまん・・・m(_ _)m

素で知りませんでした。

さっきポケットティッシュ丸々1つ分、思いっきり流してしまいました・・・( ̄Д ̄;;


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、気を取り直して?
スタジアムの中の話しに戻ろう(笑)


画像



試合が始まる直前。

ゴール裏はいつもの光景。
国内アウェーとまったく同じってのは、ここが海の向こうの韓国だってことを
素で忘れてしまうほどであった(苦笑)


画像



一方、対岸の全北現代のゴール裏。

2階席で発炎筒を振り回すサポが一人いたが、1階席のサポ数は
やはりこちらとは比べものにならないほど寂しい限りだった。
(もっとも試合が始まる頃には一般客も入りだしてそれなりには埋まったけど)


画像



さて、肝心の試合のことに触れよう。
試合内容については、既にいろんなところで語られているので、
ここでは割愛するが、

その中で、同じくいろんなところで議論されたり問題視されていること。
韓国サッカーについて一言申し上げたい。


相手の度重なるラフプレー、目を覆わんばかりの汚い行為と挑発に
韓国のサッカーを初めて見る赤サポの人たちはかなりショックを受けたと思う。
こんなのサッカーじゃないっ!」と。

でも、はっきり言います。



あれが韓国サッカーのデフォなんです。



だから驚くことはないのです。

そしてオレが彼の国(のサッカー)を嫌ってる最大の理由がこれなんです。
(他にもいろいろあるけど)

このことはACLが始まる前から物凄く危惧を抱いていたし、
彼の国アウェーの恐怖は(代表戦で)人一倍経験してきたからこそ、
初戦を勝ったとはいえ、この2ndレグは相当な覚悟を持って望んでいたのだった。


画像



だが、オレの中で誤算があった。


それも1つの誤算じゃなく、複合した誤算があった。


まず、レフリーが物凄く"公平なジャッジ"を裁いたこと。
今までじゃこんなことはありえなかった。
中東のしかもW杯予選でも笛を吹いてた人だからこそ、
正しい裁きが出来たのだと思うが、

それにしても、敵地でここまできちんと判断が出来て
笛を吹いてもらえるとは夢にも思わなかった。
もしこれが東南アジアの訳わからんヤツが笛を吹いていたら…
きっと全北現代のファール数は半減していたことだろう。

元々東南アジアのサッカーも荒っぽいから多少のラフ行為はスルーする傾向にあるし、
サッカーと同じくレフレング技術も劣っているのだから。

そういう面でレフリーの正しいジャッジには本当に助けられたと思う。


画像



で、なぜ、ここまでファールをきちんと裁いてくれたかと言うと、
これには2つの理由があると思う。

1つは、全北の選手の悪質なプレーぶりがあまりにも露骨すぎた。
先制点を取られ、気が焦りすぎ、さらにファールを取られ頭に血が上り・・・
悪循環の無限ループへと自らが陥ってしまった?

いつもは審判の目に届かないところ、削るにしてもギリギリのところでとどめるところが
この日に限ってはあまりに目に余るような?プレーが目立ちすぎた。
これじゃぁ、審判も笛を吹かないわけにはいかないだろう。

本来の韓国サッカーは本当に狡猾でやらしいものだ。
見つからなければ何をやってもいいと思っているし、
逆に挑発行為を執拗に繰り返しては相手のリズムを崩そうとする。
このような心理戦にも長けているのだ。(過去幾度となくこれにやられた)

だが、この日の全北現代は自らの首を締め、自滅していった。

要は、下手糞だったと言うことだw


画像



で、なぜそうなったのかが2つ目の理由だが、

これは、レッズの選手が度重なるラフプレーや挑発行為に動じず、
まったく相手にしなかったこと。
常に(頭の中は)クールで、相手の汚い反則プレーも右から左に受け流していた。
これも審判には好意的に映ったことだろう。
唯一、集中的に狙われて何度も危険なプレーに晒されていたポンテだけが
何度か審判に注意を即すようなジェスチャーをしていたが、
それもやんわりとした友好的な?態度で主審にアピールをしていた。

これも非常に大きかったし、
相手の挑発行為には一切乗らなかったレッズの格の違いってところだろう。

ちなみにゴール裏から見ていて、ハッキリと判ったこと。
相手のキーパーはブーイング等に相当カリカリしていたし、
こちら(浦和)の大声援を相当意識してて気にする素振りを見せていたのに対し、
都築はインプレー中にもかかわらず頭上にロケット花火を100発以上浴びようが
無数のペットボトル投げ入れ攻撃を受けようが、微動だにせず、
最後までゲームだけに集中していた。


やっぱこの差ですよ。


いずれにせよ、韓国サッカーってのはああいうもんだし、
追い込まれれば追い込まれるほど、なりふり構わず荒っぽくやってくるので、
それを踏まえて闘うしかない。

それが(日韓サッカーにおける)歴史であり、
今後も絶対に変わることがないのだから…。



画像



ということで、なにやら暗くなってしまったので、
ここらでゴール裏の模様を記録しておこう。


画像



発炎筒。

先に仕掛けたのは向こう側。
2階席で試合が始まる前に一人振り回してるバカがいた。

で、選手入場前に
「発炎筒上げるから気を付けて」とのクルヴァからの伝達があったので、
あぁ、うちもやるんだなと…。


で、やりました^^


画像



画像



画像



画像




やっぱ、インドネシアでもそうだったけど、
これやると、、、ホント海外アウェーなんだな。。。と、
つくづく実感出来ちゃうねw


こちらが選手入場時に発炎筒を焚いた後、
キックオフと同時に今度は向こうサイドでも発炎筒が焚かれ、
更にゴール裏とバックスタンドからも数十発の打ち上げ花火が発射される。
しかも、達也の先制点の直後には大きな爆発音が!?

あれは何だったんだろ??



画像




で、うちはさすがにロケット花火までは準備していないだろうと思っていたら…


試合終了後にそれを大きく上回る打ち上げ花火が
夜空にいくつもの大輪を咲かせたのだった。


GJ!!



画像



画像



画像




でも、さすがにこれは運営が止めに来たけど、
でもロケットが良くて打ち上げが何でダメなのか??
そのヘンがイマイチ良く解らんな。。。

向こうは発炎筒もロケット花火もインプレー中に
しかもキーパーに目掛けてやってたのに…
それでもまったくのお咎めなしだったのに…

こっちは…(相手を刺激するなということだったのか?)



画像



画像



試合終了後


ACLで海外初の「We are Diamonds」

静まり返るスタジアムに大声量の歓喜の唄が響き渡る。



画像




本当に感無量だったね^^


でも、唄い終わった後(だっけ?)に流れた場内アナウンス。

「ウラワ レズサポタのミナサン、ハヤク カエッテクダサイ」


発音がちょっとおかしい退場を即す日本語アナウンスにズッコケ・・・w


空気嫁!なんて思いつつ、それが通じないのが海外アウェー。

しょうがない(苦笑)




っと、話し逸れたが、
実は、その前の後半終了間際のウォーリアーの時に
自分は既に感無量だったのだけどね・・・(^_^;)


全北現代サポに我々の魂の声は届いたのだろうか。。。?

どのように感じ、受止めたのだろうか。。。?

是非、聞かせてもらいたいところだ。
(レフリーのジャッジにばかり気をとられてないで)


余談だが、
昨日、レッズ本スレで話題になってた?
上海申花サポのウォーリアーとチャント「PRIDE OF URAWA」のパクリ動画(↓)

http://jp.youtube.com/watch?v=incoBJI-Mvk


こりゃ、「We are Diamonds」もパクられるのは時間の問題だな・・・(苦笑)



画像



画像



ゲートを出たところで整列していた警察官、
同じくスタジアム出口でも見送ってくれた警察官とスタジアム関係者、
日本語を話す売店のにいちゃんに、
手を振ったら振り返して笑顔を見せてくれた全北サポのお姉さん、


みんな、個人個人はホントに良い人なんだけどなぁ・・・。


なんてことを感じつつ、スタジアムを出て、バスに乗って一路ソウルへ。

60台のバスのほとんどがソウルへ向かったのか?
途中の休憩で立ち寄ったサービスエリアは・・・

静岡遠征帰りの海老名SA状態だった(↓)www


画像




ということで、帰りのバスの所要時間は5時間以上?は覚悟していたし、
たぶんそうなるだろうと予測していた。

そう予測していたからこそソウルに戻るのが明け方近くになるだろうと思って、
ホテルはあえて取っていなかった。

自分的にはバスの中で仮眠して
そのまま仁川空港まで行くのが一番都合が良かったので
渋滞が長引けば長引くほどいいと思ってたのに・・・

だが、その予想に反し、
行きと同様で専用の高速バスレーンをスイスイとバスは走り、
ソウルには1時半に着いてしまった・・・( ̄Д ̄;;


あぁ困ったな・・・(汗)


結局、某ホテル敷地内の公園?のベンチで夜を明かそうと横になったものの、
今度は午前3時頃から雨が降り出し・・・

5時半のリムジンバス始発まで軒先で雨宿りして雨が上がるのを待つも
雨は上がらず・・・

とうとう朝まで寝られなかった・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。


あぁ、最悪の結果となってしまった・・・il||li _| ̄|○ il||li


そして、(携帯電話で)1週間後にまたここに来ることを知った(城南一和の勝利)のは、
この雨宿りの最中だったことから、

今度はケチらず?絶対ホテルを確保してから来ようと、
そう心に強く誓ったソウルでの貧乏宿無し男だった。。。(苦)


(次は10/3ACL準決勝vs城南一和戦)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年10月02日 00:39
おつかれさまでした!!!
城南もお願いします(祈)!
それにしても、高速道路のスイスイ具合は、拍子抜けでしたね。まぁでも、備えあれば憂いなしですね。え?私?KTXチケ無駄にして、弾丸参戦でしたぁ。
shigezoo
2007年10月02日 01:20
弾丸参戦お疲れでした!
動画も全部見させて頂きましたよ。
やっぱ、惚れ惚れします。ご苦労様でしたm(_ _)m

城南、中東行きが掛かってるから絶対落とせないですね。
出来る限りのことはしてきます。
で、今回は参戦サポが少ないようなので、知り合いサポから大旗借りたので持参します。←旗竿強行突破する予定w

2019年06月05日 17:14
レteis informa鈬o. Feliz me Descobri o local acidentalmente , e eu sou chocado
por isto reviravolta do destino didn ' t surgiu antecipadamente !
Bookmarked-lo.
2019年06月30日 07:51
Massa: Grupo desde Dan軋s Folclicas alem縱 Edelweiss.

この記事へのトラックバック